大田原中学校の日常

大田原中学校の日常

「正義」の引っ越し

 栃木県立美術館での展示協力に向け、豊道春海(ぶんどうしゅんかい)先生の書「正義」(本校校長室収蔵)の引っ越し作業がありました。

 作業に携わってくださったのは、日本通運の中でも美術品等を専門に扱うスタッフの皆さんです。

 何重にも梱包され、大切に運ばれていく様子です。

 トラックも美術品運送用の特別仕様だそうです。空調管理され振動を吸収する機構が装備されているそうです。

 今回運ばれた書「正義」は、7月17日(土)~10月7日(木)栃木県立美術館で開催される<コレクション展Ⅱ 没後50年 「豊道春海の書」>で公開されます。ぜひ足を運んでみてください!

 

 

※豊道春海(ぶんどうしゅんかい)<1878-1970>
 栃木県那須郡佐久山町(現:大田原市)出身の書家。戦後の書道の復興と振興に大きな功績を残した。東京国立博物館、栃木県立博物館に遺墨が収蔵されている。大田原市の初代名誉市民(1963)、文化功労者(1967)。

1年生 担任も全力ジャンプ!「考えて回れ」

 D-1グランプリの練習を行いました。1学年団体種目「考えて回れ」の練習では、各団作戦を立て、協力する姿が見られました。

回転と担任のジャンプがポイント!

練習後の消毒もきちんとしています。

 

 月曜日の本番でも、生徒と担任どちらも全力で競技に挑みます!

元気いっぱいの1年生の頑張りをぜひご覧ください!

 

2年生 D-1グランプリに向けて

「D-1グランプリ」に向けた最後の練習を行いました。

校庭で学年種目の「令和玉入れ合戦ぽんぽこ」の練習を行ったあと、DI STADIUMへ移動し「2年生クラス対抗リレー」の練習を行いました。

本番前の最終練習ということで、各種目の入退場や競技、係活動の確認など,本番を意識しながら真剣な態度で活動しました。

24日(月)の本番では、子供たちの頑張りが報われるような良い天候で実施できることを願います。

学年の体育委員が競技の準備!

距離を十分に保ちながら集合しています。

どのクラスも本番のような雰囲気で最後の練習に取り組むことができました。

 

3年生 真剣勝負! クラス対抗リレー

本日、「D-1グランプリ」の最後の練習を行いました。

3年生たちが特に力を入れていたのが、クラス対抗リレーです!

リレーと言えば、花形種目。

クラスで一致団結できる貴重なチャンスでもあり、みんな真剣に練習する姿が見られました。

 

まずは、応援席からの入場練習です。

もちろん、入退場も真剣そのものです!

間隔を十分に確保しながら、隊形を確認することができました。

 

 

そして、実際のレースを想定したバトンパス練習も十分に行うことができました。

どの団も、作戦を練っていますので、白熱した戦いが繰り広げられそうです。

 

本番は、いよいよ月曜日。

最初にフィニッシュテープを切るのは、どの団でしょうか?

 

ぜひ、3年生の勇姿にご期待ください!

「あたたかいプレゼント」

 現在、生徒たちはD-1グランプリを目前に控え、感染症対策に気を配りながら一生懸命練習に励んでいます。

 その練習に欠かせないものが、各団の色のカラーコーンです。毎年、なコーンが校庭を彩るのですが、実は紫色のカラーコーンは既製品がありませんでした。そのため、ナルミヤスポーツ様のご厚意で、白のカラーコーンを紫に塗装していただいて使用しておりました。

 しかし、先日紫色のカラーコーンが発売されましたので大中生徒のために」ナルミヤスポーツ様が寄贈してくださいました。

 コロナ禍での行事は、できることが限られたり、不自由に感じたりすることもありますが、こういった皆さんのご支援に支えられ生徒たちが頑張れているのだと改めて感じました。

 ナルミヤスポーツ様、ありがとうございました。大切に使わせて頂きます。